OWNER&DESIGNER

 

OWNER

CARL VON LINNÉから、世界を変えたいと思っています。

心から勧められる高品質な良いものを、尚且つ素材だけでなくデザイン性も高くファッショナブルなものを、作り手にも買い手にも無理のない価格で、受注生産で必要な数量だけを作り丁寧に届ける、そういうブランドがスタンダードになる世界へ。世界を変えるには相応の覚悟と行動が必要です。そのために挑戦的な原価率にして公開を決めました。


目まぐるしい速度のトレンドに振り回されるのではなく、高額な広告費を乗せて大量に仕入れて売るのではなく、ブランドのヴィジョンやストーリーも丁寧に届けて価値を感じて貰い、注文してから手に届くまでの時間も長く楽しみに待って貰えるような、「買い方の文化ごと変える」ことを目指しています。

低コストで粗悪なもの、高品質だけど高価格のもの、高品質で適正価格だけどオシャレではないもの、低価格だけど作り手が低賃金のもの――そうして「誰かの犠牲の上で誰かが泣く」のでなく、誰もが幸せに服を楽しめる未来へ世界を前進させます。

産業廃棄物による汚染問題など、これまでも人々は多くの問題を改善してきたので、一人一人の学びから、きっともっと社会は良くしていけると信じています。
YouTuberとして400万人に応援される立場になったからこそ、自分にできる社会貢献をずっと考えていました。

多額の広告費をかけなくても多くの人に発信でき、アパレル事業もしながら、既にサステナビリティについても発信してきた経緯もある、中田敦彦だからこそできる社会貢献の形が、CARL VON LINNÉです。

 

■ PROFILE
1982年日本生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。2005年オリエンタルラジオとしてデビュー。多数のテレビ・ラジオに出演。2018年ウェブコミュニティPROGRESS発足。現在、会員数 5,400 人を超える。2019年「中田敦彦のYouTube大学」スタート。登録者数は400万人。2021年からはシンガポールに移住。視野をアジア・世界に広げている。

▶ 中田敦彦 公式サイト - Atsuhiko Nakata Official site -
▶ YouTube大学

DESIGNER

はじめまして。村松啓市と申します。

この度は、『CARL VON LINNÉ / カールフォンリンネ』という、素晴らしいプロジェクトに携わることができ、とても光栄に思うと共に、これからの可能性を考えるとドキドキします。

私は、「ファッションの素晴らしさ・可能性」に魅かれ、ファッション業界に飛び込みました。
糸や生地を駆使して生まれる 造形の深さや、色の重なりによる美しさに感動し、ファッションが人の人生に彩りを与える素晴らしい文化 だと信じて活動しています。

しかし、アパレル・ファッション産業は、地球環境汚染産業第2位という事実や、構造自体に様々な問題を抱えている産業ということを忘れてはいけません。

「毎日身につける洋服は、どのような素材を使って、だれが作ってくれているのだろう。」
そんなストーリーを想像しやすくなる洋服を届けるだけで、もしかしたら ちょっとだけ 毎日の笑顔が増える世界が待っているかもしれません。

そんな未来のために、考え・想像するきっかけになるブランドになればいいな。と思って、『CARL VON LINNÉ / カールフォンリンネ』を制作させていただきました。楽しんでいただければ幸いです。


■ PROFILE
1981年生まれ。静岡県出身。文化服装学院ニットデザイン科卒業後、イタリアの高級糸メーカー、リネアピウグループに特待生として留学し、「ラルフローレン」にニットデザインを提供するなど実績を残す。 2008年「ウールマーク・プライズ」のファイナリストに選出。編物に関する特許技術を有し、高い技術や知識から生まれるテザインが特長で自身のブランド「ムーク(MUUC)」を展開するほか、ニットカルチャーを広げるプロジェクト「アンド ウール」に取り組んでいる。「より良い服を、作り手にとっても 適正な価格で届けられるよう、アパレル産業を変えていきたい」 という志を持つ。